Skip to content

絨毯クリーニングについての疑問を解決します

絨毯は傷んだり汚れたりしたら買い換えねばならないと思っている人が多いかもしれませんが、実はクリーニングが可能です。絨毯クリーニングは通常のクリーニング店で行ってくれることもありますが、大きさや素材の特殊さから専門の絨毯クリーニング業者に依頼するのがおすすめです。どのようにクリーニングするかというと、大きく分けて水洗い、シャンプー洗い、ドライクリーニングという方法に分けられます。水洗いは、カーペットや絨毯全体を濡らしてから洗剤で洗い、その後水ですすぎ乾かす方法です。最も洗浄力は高いですが、脱色や縮むおそれがありすべてのタイプでできるとは限りません。シャンプー洗いは基布を濡らさないように表面を洗剤で洗ってからバキュームで洗剤を吸い取るという方法です。洗浄力は不十分ですが濡らせないようなタイプのものに向いています。ドライクリーニングは最も向いていますがサイズ的に難しいことが多い方法です。

絨毯クリーニングについてのよくある疑問点

絨毯のクリーニングを考えるとき、気になる点は様々なものがあるでしょう。一つ目が料金です。だいたい一帖あたり2000円から3000円ほどが相場です。高級品になると、5000円から10000円ほどになることもあります。高級品だったり扱いの難しい素材だったりすると購入するより高くなることもあります。見積もりをする際にも、一度クリーニング業者のもとへ送らなければならないこともあります。出張見積もりしてくれるところもあるので、料金が気になる人は一度見積もりを依頼してから頼むとよいでしょう。次に気になるのがかかる期間です。絨毯のクリーニングは乾燥に時間がかかります。最低一週間、素材や繁忙期によっては一ヶ月ほどかかることも意識しておかねばなりません。使い終わってから出すなど生活に支障がでないよう工夫しましょう。

注意しておくべきポイントについて

クリーニングと同時に破れやほつれといった劣化した部分を修理してくれることもあります。たいていは有料オプションとなるので、事前に絨毯をチェックしておいて依頼するかどうか決めてからクリーニングにだすとよいでしょう。また、生地がかなりへたっていたり薄くなっていたりするとクリーニングにより破れてしまったりすることもあるので注意が必要です。また、初めてクリーニングに出したときは特に縮むことを覚悟しておく必要があります。長さが足りなくなることもあるので、あらかじめ意識しておきましょう。絨毯は大きくて重いので、自分で店に持って行かずとも集配してくれたり送ったりできるサービスがあるところも多いです。保管サービスがあるところもあるので、シーズンオフは保管してもらうといった活用法もおすすめです。

当社は絨毯やカーペットのクリーニングを主に行っていて、天然洗剤を使用するので自然と環境に優しいクリーニングです。 絨毯のクリーニングを専門に行う事により、お客様の大事な絨毯を何時までも使い続ける、お手伝いをさせて頂ける事が他社との違いです。 ご利用頂けますサービスは、全て業界特価の特別料金にてご提供させて頂いておりますので、大切な絨毯をお得にクリーニングすることが可能です。 絨毯クリーニングはペルシャンギャラリーで見積り