Skip to content

絨毯クリーニングのすべてを初心者にもわかりやすく解説

絨毯クリーニングは、幾つかのプロセスを経て行われます。お店では、品物を受け取った時点で検品作業を行うのが一般的です。このような作業を通じて、シミや破れ、フリンジのほつれなどをチェックします。しみが生じている部分は、予め染み抜きを行なうことが必要です。業務用の染み抜き剤などを用いて、部分的なシミを丁寧に除去していきます。このような事前の準備が済んだら、いよいよ本格的な洗浄作業です。絨毯をクリーニングする場合には、広げた状態で床や専用のスペースに置かれます。生地を傷めないような洗剤を使用し、ブラシなどを用いて熟練したスタッフが洗浄を行っていくのが通常の流れです。クリーニング店によっては、このようなプロセスに機械を用いる場合もあります。絨毯の材質や種類によっても、洗浄方法は変わってくることが多いです。

絨毯クリーニング後は補修作業が行われます

所定のプロセスを経て洗浄を終えた絨毯は、必要に応じて除菌、消臭作業や柔軟仕上げなどが適用されます。このような作業で使用されるのは、主に絨毯クリーニング専用の薬剤です。フリンジなどの淡い色の部分は、漂白が行われることもあります。クリーニング作業を行った場合、その後に状態を整えることが必要です。このようなプロセスでは、購入時の風合いに近づけるために様々な工夫が凝らされます。表面の毛羽立ちやヨレ、ほつれなどの補修が必要な場合も多く、経験のある職人の腕の見せ所です。特殊な風合いの絨毯の場合には、特に念入りな作業を要します。お店によってはこのようなプロセスを、オプションとして別料金で行っていることもあるのが本当の所です。高価な絨毯は、概してクリーニングの際にも細かい注意が求められます。

特殊なアプローチが行われる絨毯もあります

現在では様々な絨毯が市場に出回るようになっています。ペルシャや中国の絨毯の場合には、クリーニングの際にも特別対応がされるのが常です。例えば、ペルシャの絨毯の場合は、丁寧な手作業によって洗浄がされます。素材の劣化を最小限に抑えるために必要になってくるのが、このような特別な洗浄法です。また、中国の厚みのある絨毯の場合は、つけ込みスタイルの洗浄が選択されます。洗剤を含む液の中に絨毯をつけることで、汚れが浮き上がってきます。このような洗浄方法を選択すれば、こすり洗いをするよりも、素材のダメージが少なくなります。絨毯クリーニングは、多くの場合、素材や織りの特徴を踏まえて行われる洗浄作業です。専門店に依頼することで、絨毯の性質に特化したクリーニングが受けられます。